雑記帳

🍊Instagram ➡ https://www.instagram.com/sanpoukan/

ドールハウスの世界展

魅惑のミニチュアドールハウスの世界展」
世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧

場所:そごう美術館(そごう横浜6階)

期間:2022年4月16日(土)~5月15日(月)

ドールハウス展に行ってきました。

撮影OK! いつも空いてる美術館と思ってましたが、今日は割と人が入ってました(混んではいません)。小さなお子さんも楽しんでいるようでした。

これぞドールハウスというものや、現代の日本の作品、いろいろな展示がありました。


堂々と立派な外観。(イギリス、19世紀後半)

 


前方を開いての展示。調度品やカーテンもリアルに作られています。(イギリス、1911年)


当時の生活が興味深いです。

 


暖炉セット

 


蒸気機関車の初期モデル。家ではないのですが・・・真ん中の目立つところに展示されていました。(日本)

 


英国の鉄工場。広告・営業用に作られたものだそうです。産業革命の頃の様子が分かります。(イギリス)

 


どの部屋も素敵ですね。

 


食料品店。広告用にショーウィンドウに飾られたものだそうです。(ドイツ、1880年頃)

 


窓には日本の扇子が飾られています。(アメリカ、1880年

 

ドールハウスは日本にも普及しました。


台所。昭和初期に作られたようです。おくどさんや酒樽など、興味深いです。ずっと見ていても飽きません。

 


日本のお飾り十二か月。毎月のお飾りは季節感があります。とても細かいです。


三月の雛飾りが細かすぎてすごいです。ミニチュア用のミニチュアのお雛様!

後半は現代の日本の作品。たくさん展示されていました。どれも精密に作られていました。

夢のある作品が多かったです。

ドールハウスというより模型かジオラマ? 実際の街並みの写真、と言われても気づかないのではないでしょうか。

 

実物とミニチュアが並べて置かれていて面白かったです。右下すみのティシュが見えますか?

 

入り口のフォトスポット

チラシとチケット

 

ドールハウスも良かったし、「ドールハウス」という言葉からイメージするもの以外の展示もあって、面白かったです。

年代物のドールハウスは重厚で歴史を感じます。当時の生活を立体で見ることができる貴重な資料ですね。興味深いものを見ることができました😊